浮気と離婚慰謝料の関係

パートナーが浮気をして証拠を集めることができ、結婚生活を持続することが難しいと判断すれば離婚に向けて動きます。お互いに離婚したいと思えば役所にて離婚届を提出することで、法律的には離婚が成立することができますが、その原因としてパートナーや浮気相手に精神的に傷つけられたと慰謝料の請求をすることが可能です。

 

浮気による慰謝料はパートナーと浮気相手の収入により実際に貰うことができる金額が違ってきますが、相場としては100万円から300万円とされており、ただし収入が低いもしくはない場合には支払い能力がないので、相場金額よりも低い金額になってしまいます。また慰謝料を請求した時に浮気している期間が長かったり、子供がいる場合には浮気問題が原因で精神不安定になった、または離婚問題に発展して生活すること自体が難しくなってしまったなど、精神面や経済面での影響が出た場合には慰謝料の支払い能力があれば増額することもできます。

 

ただし慰謝料を請求した際に浮気をする前から別居しており、結婚生活がすでに破たんしていた場合やあなた自身が浮気をしていたなど、自分自身にも結婚生活する上での落ち度がありましたら、慰謝料を請求しても逆に支払う側へとなってしまいます。離婚慰謝料を請求する時には浮気による落ち度が相手にあっても、それまでの経緯で自分に悪いところがなかったかということを1度確かめましょう。

 

探偵探しのタントくんは、電話でもネットからでも365日24時間全国対応の無料サービスです。
ご自分に合った探偵を探してもらったり、ただ相談するだけでも利用ができます。

興信所,大阪,探偵,浮気,慰謝料,浮気調査

 

>>>タントくんの相談はこちらから<<<

 

興信所,大阪,探偵,浮気,慰謝料,浮気調査

 

興信所,大阪,探偵,浮気,慰謝料,浮気調査